SAMPLE

SOURCE

■<body>〜</body>間で表示したい場所に入れるスクリプト
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
today = new Date();
unsei = today.getTime();
unsei = Math.abs((17*unsei - 1)%1024);
unsei = (unsei /1024)*100;
kakugen1="1.猿のはくせぇ(ザ・ノンちゃん)";
kakugen2="2.そのフリース 古いっす?(ザ・ノンちゃん2002)";
kakugen3="3.激怒:鬼束ちひろってオニタバじゃないじゃん!(ダンナ2003)";
kakugen4="4.(巻き舌で)オレはよぉ、ハコイリだからよぉ(ザ・ノンちゃん2003)";
kakugen5="5.自慢ではないがパソコンが3台ネットに繋げるモリチャン家ではファイアーさんと3人で無言でチャット。(2002)";
kakugen6="6.最近エグチさんのあだ名が「エグチマン」になった。たぶん強力に質問責めにあうからだ。(2003)";
kakugen7="7.元アメリカ大統領、クリントンがサトウのゴハンが好きだと言ってた。(ちな夢2003)";
kakugen8="8.今年の初夢はとても愛想の良い知り合いが何故か蒲田のバーで働いていてボッたくられた。(ちな2003)";
kakugen9="9.NBAのオールスターの日シャックがダンクをした途端、ビルの何故か地盤だがゴーッと崩れた。(ちな夢2003)";
kakugen10="10.このプログラムの場合10個のひとことが平均的に表示される???そうでもないなぁぁぁ";
if(unsei >= 90) document.write(kakugen1);
else if(unsei >= 80) document.write(kakugen2);
else if(unsei >= 70) document.write(kakugen3);
else if(unsei >= 60) document.write(kakugen4);
else if(unsei >= 50) document.write(kakugen5);
else if(unsei >= 40) document.write(kakugen6);
else if(unsei >= 30) document.write(kakugen7);
else if(unsei >= 20) document.write(kakugen8);
else if(unsei >= 10) document.write(kakugen9);
else if(unsei >= 0) document.write(kakugen10);
//-->
</SCRIPT>

更新するたびにランダムに変わるテキスト