gimp2.6機能と使い方ざくっとね

ファイルメニュー〜画像の生成

ファイルメニュー〜画像の生成〜ボタン〜

シンプルなベベルボタン
マウスオーバしてみてください。

フォントの種類と文字の大きさによって自動生成するので画像の大きさが指定できない。

なので、大きめに作っておいて

画像メニュー〜画像の拡大・縮小でサイズを合わせる。

設定時の「押したとき」のチェック次第でoff、over画像が作れる。





球形ボタン
マウスオーバしてみてください。

ビットマップ画像は性質上、拡大すると画像が荒くなるので、まずは大きめに作っておいてから、画像メニュー〜画像の拡大・縮小でサイズを合わせる。

円形比率を上げるとjpg保存してもギザギザが目立つのが難点。

設定時のチェック次第でoff、over画像が作れる。


ファイルメニュー〜画像の生成〜ロゴ

文字を入力して自動に作成できる。

3Dアウトライン
SOTAクローム

ウェブタイトルヘッダ
エイリアンネオン

エイリアン発光
かじり取り

グラデーションベベル
cristal

chrome
コミック本

スピード文字
チョーク
※背景とチョークの色を指定

テクスチャ
ネオン

ブレンド
基本1

基本2
牛模様

光沢
手書き風

新聞印刷
星のきらめき

彫刻

白熱の輝き
文字円
※描画色で色が決まる

粒子の軌跡
冷たい金属

ファイルメニュー〜画像の生成〜パターン

サンプルはデフォルトですが色を変えたり様々な設定ができます。

渦巻き 平野地形図
渦巻きタイル 迷彩
曲線タイル 立体曲線タイル
地図 立体地形図

ファイルメニュー〜画像の生成〜WEBページテーマ

自動でタイトルやパーツが作れる。

エイリアン発光





ベベルパターン

※罫線細すぎるとエラーが出る。





クラシック

背景消去・インデックス画像のチェックをはずしたほうがキレイ。ボタンも作れるけど使えないかも。。。