gimp2.6機能と使い方ざくっとね

このサイトについて

ホームページのデザインを教えてほしいという依頼を受けた際、画像処理について説明をするのに作ったサイトです。せっかくなので公開しておきます。

GIMP2.6日本語版インストール

外部リンク:
http://www.geocities.jp/gimproject2/download/gimp-download.html

画像作成とGIMP2.6の基本

  1. 解像度は基本的に72dpi
  2. 画像修正は大変なので下準備をすると効率的です。
    ・html上でピクセル単位の大きさを決めてから作る
    ・JPG、GIF保存前のレイヤー分けされているGIMPデータ(.xcf)は保存しておく。
  3. 色数が多いイラストや写真、グラデーションはJPGの最高品位設定で保存する。
gif画像
GIF画像
空がギザギザモヤモヤしています。
jpg画像
JPG画像
こっちのほうが自然ですね。

JPG形式保存時の注意点

画像の保存方法

画像サイズの調整方法

画像メニュー〜画像の拡大・縮小で行う。

基本的に写真は変倍せず縦横均等に拡大・縮小する。

画像の拡大・縮小

ファイルメニュー〜画像の生成で画像を自動作成

例 : ファイル〜画像の生成〜ロゴ〜エイリアン発光

フォントの種類、サイズ、発光の色の設定で自動生成されるので、場合によって全体(キャンバス)の大きさ、背景色を調整する。


自動生成〜エイリアン発光自動生成したもの
自動作成後背景レイヤーの色を変更自動作成後背景レイヤーの色を変更

その他画像の自動作成サンプルはこちら

明るさが足りない写真やピンボケの写真を調整する

写真を明るくしたい場合

色メニュー〜自動調整〜ホワイトバランスで調整または色メニュー〜明るさ・コントラストで数値を入れて調整。

オリジナル
オリジナル
色〜自動調整〜ホワイトバランス
色〜自動調整〜ホワイトバランス

ピンボケ写真をはっきりさせたい場合 フィルタ〜強調〜アンシャープマスク

フィルタ〜照明と投影〜ドロップシャドウ
オリジナル
フィルタ〜強調〜アンシャープマスク
フィルタ〜強調〜アンシャープマスク

写真や文字を強調する

フィルタメニュー〜照明と投影〜ドロップシャドウ

やわらかい感じに浮き出て、かつ強調されます。

オリジナル
オリジナル
フィルタ〜照明と投影〜ドロップシャドウ
フィルタ〜照明と投影〜ドロップシャドウ

写真を切り抜いてシャドウ
写真を切り抜いてシャドウをかける。
商品写真に良く使われる手法です。
文字にフチを付けてシャドウをかける
  1. 文字を打つ
  2. 文字レイヤーを右クリック〜テキストを選択範囲に選択〜
  3. 選択範囲を拡大(数値を入れる)
  4. フィルタ〜照明と投影〜ドロップシャドウ

色メニュー〜明るさ・コントラスト〜明るさ調整

落ち着いた感じとさわやかな感じの違いか。。。。???
同じ写真でだいぶ印象が変わると思います。

明るさ・コントラスト〜明るさを下げる
色メニュー〜明るさ・コントラスト〜
明るさを下げる
明るさ・コントラスト〜明るさを上げる
色メニュー〜明るさ・コントラスト〜
明るさを上げる

色について

ページ内に使う色が多いと、まとまりがなくなるので、使う色を限定したカラーセット画像を作っておくと便利です。もちろん手書きメモでもOK。

▼これはGIMPのオフィシャルページをスクリーンショットで撮り、スポイトツールで色をピックアップしたものです。

カラーセット

アクセスカウンタ